スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルセア450VX VS SS400ETっ!!

2009年09月15日
ということで…
こないだ買って転がしておいた温存していた…GENOで買ったCMPSU-450VX(→コチラ
を取り付ける日が来たのだっ!
450VX取り付け

んで…せっかくなので…SS400ET(→コチラ)と対決させたいっ!

んでも…電源の場合…何で対決なんじゃろか?
やっぱり…温度かなあ?
んで…ためしに電源背面の排気部分を…
精度が微妙なサイズどこでも温度計(→コチラ)で測ってみた…

ううっむ…
何回か計測したけど…バラバラな結果に

推測ですが…
微妙に電源の中の部品の温度も混じっている模様…

仕方ないので…電源側面の温度を計測することに…
対決方法は…例によって…

今回も…
☆試験方法
①TX(Tripcode Explorer)を15分シバく実施→そのときのCPU温度等をSPEEDFANにて計測
②TX15分実施後、5分間アイドルにて放置→そのときのCPU温度等をSPEEDFANにて計測
③上記①-②の間のCPUの最高温度、最低温度をHWMonitorでも確認
(気温27度、ケース側面開放)


まずは…SS400ET
最高温度→CPU50度、MBセンサ54度、電源側面36.4度

続いて…CMPSU-450VX
最高温度→CPU51度、MBセンサ54度、電源側面36.9度

まとめると…
CPU温度、電源側面温度ともSS400ETのが気持ち低いけど
ぶっちゃけほとんど変わんね

ここから先は、おおころの独断と偏見ですが
通常使用時の最低消費電力がSS400ETが72Wだったのに対し…
450VXでは71Wと1W減少しました…
でも…
触ったカンジ、450VXのが微妙に温度が高いような気がするんですよねえ…
色が黒いから??
単純に2年酷使した使った電源と新品の電源の差かも知れませんけど…
スポンサーサイト
Comment
No title
電源大差ないんですね^^;
言い換えればちゃんと動くのが2台あるってところで
やはり、いい買い物をしましたね(昔のも今のも)
No title
毎度どーもです
ううっ!
ありがとうございます(>_<")
そういっていただけると電源衝動買いも救われます♪
さて、次はナニをかおっかな~('ε')

管理者のみに表示