スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の鎌ワロス⑧…立ちふさがった強敵「とも」

2009年09月01日
<前回の続き>
灼熱の気温38度での激闘の果てに立ちふさがった新たな敵
それは…
以前に使用していた「GelusⅡ+風丸1200

以前の実験
(詳しくは「伝説の鎌ワロス…検証編」l)
で闘った強敵(「とも」と読みます)ですが…

その時はあくまで実験…ケース側面を開放しての結果…

しかし!
今度はケース側面密閉、実際に使用している環境でのガチンコ対決
前回の実験では…
SNE38MMPWMファンがBIOS制御(Q-Fan optical)のため1200回転ちょいしか回りませんでしたが
今回はSpeedfan制御に変更したので…全力で闘え回せます!

ということで…
今回も…
☆試験方法
①TX(Tripcode Explorer)を15分シバく実施→そのときのCPU温度等をSPEEDFANにて計測
②TX15分実施後、5分間アイドルにて放置→そのときのCPU温度等をSPEEDFANにて計測
③上記①-②の間のCPUの最高温度、最低温度をHWMonitorでも確認

気温29度 ケース側面密閉(実際に使用している状態)

で行う事とするっ

特訓開始~!

まずは
☆GelusⅡ+風丸1200
①TX15分時温度 CORE 55度 CPU51度
②アイドル5分後 CORE 40度 CPU41度
③HWMでの最高温度 CORE 55度 CPU51度
GelusⅡPRO
 
続いて
☆SNE38㎜厚12CM1600回転PWMファン@ワロス改
①TX15分時温度 CORE 52度 CPU50度
②アイドル5分後 CORE 39度 CPU39度
③HWMでの最高温度 CORE 53度 CPU50度
SNE38MMファン

なぜかSNE38MMPWMは2000回転まで回った
パッケには1600rpmの表記なんだけど
厚形ならではの
ちなみに1600回転でも結構うるさいような気が…

まとめると
SNE38㎜厚12CM1600回転PWMファン@ワロス改の方が…
コア最高温度で2度、CPU温度で1度低い
アイドルでも1~2度低い
MBセンサの温度が3度低い
ただし…圧倒的にウルサイ

ん~…2000回転だとうるさいのに2-3度しか下がらないんじゃなあ~
やっぱBIOS制御(Q-Fan optical)制御に戻そう…orz

<次回予告>
かつての強敵を再び倒し!
もはや敵なしに見えたワロス改…
しかし!その前に最後にして最大の刺客が訪れる…
次回「最後のし者」
この次もサービス!サービスゥ♪
というとで<いつかは…やる…つもり…続くかも?!>
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示